METOS

サイトマップENGLISH

ホーム > ニュースリリース > 平成21年「年頭挨拶」

ニュースリリース

2009.01.01

平成21年「年頭挨拶」

明けましておめでとうございます。

アメリカ発のサブプライムローンに端を発した金融危機により、日本経済も危険水域に突入しました。経済成長はマイナス、企業の大幅な減益、雇用不安の社会問題化、そして個人消費も大幅に悪化しています。年明けからは設備の統廃合や雇用調整が一段と強まる可能性が高く、混迷の出口が依然見えない状態です。

今回の金融危機で大きな教訓を確認することができました。人間は汗を流してモノを作ったりサービスを売ったりし、その価値の中から経済を生み出してきたということです。そして、実質経済力以上に信用を拡大して利益を得ようとする金融至上主義には大きな落とし穴が待っていることがはっきりしたのです。

私は事業に関わらず、普段の生活においても大切にしているのは「イノベーション」です。改革・革新こそが人間の生きる基本です。改革なしでは新しい価値を生み出すことは出来ません。このような不況の時こそ確固たる主体性を持って、日々改革に取り組まなければなりません。100年に一度の金融危機で世界は大きく変わろうとしています。今、我々は過去を再度見直すチャンスではないかと思います。目先の対応のみで右往左往した企業と、短期の緊急対応と長期の能力再構築を同時に進めた企業の差が次の回復期に大きく表れると思います。また、今はどこへ行っても不況の話ばかりですが、こういう時こそマインド(心の持ち方)が大切だと思います。

「企業は人なり」とよく言われますが、人材育成こそが経営戦略そのものといっても過言ではないと思います。かつては、弊社も即戦力を採用してきましたが、これからは定期的に新卒者を採用したいと思います。一から育てることによって一人ひとりが自己の可能性に挑戦していく社員になってもらいたいと思います。仕事は会社のためでなく、自分のため、自分の価値を高めるためにやるべきです。社員一人ひとりが自分の価値を高めてくれれば、会社の業績も自ずと上がるからです。不況期は優秀な人材を採用する絶好の機会であり、好況期に大きく成長することを期待したいと思います。

世界景気が回復に向かう時期は2010年の中頃ではないかとの声が多く聞かれます。弊社はそれまでに英知を結集し、この難局を乗り切るための努力を惜しまない所存です。

今年も皆様のご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申しあげます。

平成21年1月1日
株式会社 メ ト ス
代表取締役社長 伊ヶ﨑征一

一覧に戻る→